福井ペット葬儀社・動物火葬場おおぞら|福井市敦賀市等福井県全域対象|犬猫等

福井県ペット葬儀社 どうぶつセレモニーおおぞらのブログ&スマホ(スマートフォン)専用ホームページ。

ご住職

金剛院さんの観音様が立ち上がりました。

 

先月ご紹介しました、金剛院さんの金色の観音様が立ち上がる件ですがご報告します。

4月29日(祝)小雨でしたが、たくさんの方が集まり「お身拭い式」が行われました。

皆さんタオルで観音様を拭きキレイにされました。ご住職の法話などもありました。

 

雨の上がった翌日、たくさんの方に見守られながら観音様が大型重機で建立されていきます。

台座へと運ばれていきます。

クリック拡大

まっすぐ立たれた姿は、台座も含めると約8mあります。

観音様のお名前は「金剛悲心観世音」

コロナ禍の今、誰かの心の拠り所になれるように穏やかな表情で見守られているように思います。

その流れが先日新聞に大きく掲載されていました。

 

2021年5月17日 日刊県民福井新聞

 

今後新型コロナの状況を見極めながら観音様の開眼法要を行うそうです。

また観音様の前には現在『東屋』も建設中です。

 

観音様をなんとかしたいという皆さんの思いで建立まで辿り着いた金剛院さんの観音様「金剛悲心観世音」、この思いがさらなる発展に繋がるようますます目が離せません。またご報告させて頂きます。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

おおぞら パソコンホームページ福井県ペット葬儀社おおぞらのパソコンホームページ福井県ペット葬儀社おおぞらのパソコンホームページ

移動火葬車 訪問火葬車 トラック 移動火葬車・訪問火葬車について 移動火葬車 訪問火葬車 バン

ペットちゃん関連のお仕事バナー

金色の観音様がついに立ち上がります!

 

以前こちらのブログでも取り上げた『観音像を移設するクラウドファンディング』

クラウドファンディングではたくさんの反響があり、現在移設は無事済んでおります。

そして移設された金色の観音様が、ついに越前市 金剛院さんにて立ち上がります。

4月29日(木・昭和の日)

クリック拡大

 

また金剛院さんと言えば、現在こちらも拝観し足を運ばれる方も増えています。

クリック拡大

 

またたくさんのかわいいペットちゃんの遺骨が埋葬され、ご供養されています越前動物霊園もあります。

越前動物霊園

 

大きい観音様の建立、これだけ貴重な機会は人生においてもなかなか見れるものではありません。是非足を運んでみて下さい。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

おおぞら パソコンホームページ福井県ペット葬儀社おおぞらのパソコンホームページ福井県ペット葬儀社おおぞらのパソコンホームページ

移動火葬車 訪問火葬車 トラック 移動火葬車・訪問火葬車について 移動火葬車 訪問火葬車 バン

ペットちゃん関連のお仕事バナー

越前町 黒﨑家歩笑ちゃんの三回忌 個別供養

 

去年、人間と同じように供養してあげたいと 一周忌個別供養をご依頼されました、越前町 愛犬 歩笑(ポエム)ちゃんの 黒﨑様、今回は三回忌個別供養をご依頼されました。

歩笑ちゃんは桜咲く時期に天に召され、またこの桜咲く時期に人間と同じように個別供養をされました。

 

今回もお持ちされたお供え物でいっぱいになりました。

今回も大好きだった「京都のサラダせんべえ」並びました。

そして中心に歩笑ちゃんのかわいいお骨が並びます。

黒崎様に三回忌で丸2年が経たれ、お話を聞いたところ「あれから歩笑ちゃんの気持ちは何一つ変わっていない」

この言葉一つ取っても黒崎様の深い愛情が伺えます。

 

2019.5.22 黒﨑様歩笑ちゃん 個別供養12

それでは歩笑(ポエム)ちゃんの三回忌個別供養の様子です。

導師は、高林寺ご住職です。

 

大好きなお父さん、お母さんが歩笑ちゃんを思い手を合わせられます。

 

ご家族様焼香

ご家族様の思いのこもった三回忌も無事終わりました。

 

お供えの大きな供花は、おおぞら2階 納骨礼拝堂に飾らせて頂いています。

通常時はおおぞら2階個別霊座に、こんなにも可愛く安置されています。

 

今回の黒﨑様のような個別供養、年々頼まれる方が増えています。初七日、四十九日、百ヶ日、月命日、一周忌、三回忌、七回忌等に頼まれる方が多いです。随時受付けていますので、ご希望の方はお気軽にご相談下さい。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

おおぞら パソコンホームページ福井県ペット葬儀社おおぞらのパソコンホームページ福井県ペット葬儀社おおぞらのパソコンホームページ

移動火葬車 訪問火葬車 トラック 移動火葬車・訪問火葬車について 移動火葬車 訪問火葬車 バン

ペットちゃん関連のお仕事バナー

 

東日本大震災から10年、14時46分黙祷

 

10年前、東北地方を襲った巨大地震、東日本大震災の津波が残した深い爪痕は今でも残っており、未だその被害と戦っている方々がいます。もう二度とあのような犠牲者、被害者を出さないためにも、この10年間は非常に意味のある月日だったと思います。

 

その節目となる本日、そしてあの時間、14時46分に、全国的に一分間の黙祷が行われました。

 

おおぞらも本日休場日でしたが、スタッフ各々黙祷を行いました。

 

全国的に東日本大震災の教訓を風化させることなく、防災意識を高め、災害対策等を更に進めて頂くことを切に願います。またペットちゃんの同行避難、同伴避難等、課題が山積しています。

 

おおぞら提携寺院である禅林寺さん、金剛院さんのご住職等が、東日本大震災後に立ち上げ、活動されています『TERRAねっと福井』、こちらの追悼法要の様子が今朝新聞に掲載されていました。

日刊県民福井新聞

福井新聞

 

10年間宗派の枠を超え、変わらぬ思いで毎年追悼法要やその他活動をされていますことは我々に様々なことを与えて頂いています。

 

また東日本大震災後の被災動物の活動と言えば、地震の被害により東京電力福島第1原発で事故が起き、避難指示が出ていた福島県まで足を運ばれ活動していた『ねこさま王国』さん、たくさんの猫ちゃんを保護し、そして大切に育てられていました。詳しくはこちらのブログもご覧下さい。

ねこさま王国 チラシ2

クリック拡大

 

おおぞらも以前は義援金などでご協力させて頂きましたが、今後はその教訓を活かし、ペット葬儀社としての防災、減災につながる活動を行っていきたいと思います。

 

最後になりますが、改めて東日本大震災により犠牲となられた方々の御冥福を心からお祈り申し上げますと共に、御遺族の皆様方にお悔やみを申し上げます。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

おおぞら パソコンホームページ福井県ペット葬儀社おおぞらのパソコンホームページ福井県ペット葬儀社おおぞらのパソコンホームページ

移動火葬車 訪問火葬車 トラック 移動火葬車・訪問火葬車について 移動火葬車 訪問火葬車 バン

ペットちゃん関連のお仕事バナー

福井市 古市家コロちゃんの49日 個別供養

 

今年も本日で最後になり、今年最後のブログになります。

最後は大切に育てられ、19歳という犬生を全うされた福井市 古市家コロちゃんの49日 個別供養です。

 

毎年9月の動物愛護週間に『福井県の動物愛護フェスティバル』が行われていますが、この中で(公社)福井県獣医師会さんが毎年行っています『長寿動物(犬・猫)の表彰』という歴史あるコーナーがあります。

平成27年度 福井県動物愛護ふれあいフェスティバル79

その『長寿動物(犬・猫)の表彰』で、表彰をされた福井市古市家のコロちゃん(柴犬)です。

クリック拡大

以前のブログ

 

そのコロちゃんの49日個別供養が先日行われました。

導師は、禅林寺・金剛院ご住職です。

生前の共に暮らしたコロちゃんを思い出し、ご家族様手を合わせられます。

 

ご家族様焼香

 

個別供養終了後、個別の霊座も借りられ今後もご供養させて頂くことになりました。

古市様、個別供養お疲れ様でした。

 

今回の古市様のような個別供養、年々頼まれる方が増えています。初七日、四十九日、百ヶ日、月命日、一周忌、三回忌、七回忌等に頼まれる方が多いです(お布施1万円)。随時受付けていますので、ご希望の方はお気軽にご相談下さい。

 

今年はコロナ禍の中で、飼育されていましたペットちゃんとの関係を見つめ直す機会が例年より深かったのか、初七日、四十九日、百ヶ日、月命日、一周忌、三回忌、七回忌等個別でご供養を行って頂ける『個別供養』が一気に増えました。ですので最後に個別供養のブログを取り上げさせて頂きました。

 

我々の生活を一変させた新型コロナウイルス。終息を願うのは皆さんと同じ気持ちですが、しかし良くないことばかりではありません。『生きるとは』を考えさせられました。『命、時間、色んな人』の大切さ、ありがたみを再確認出来ました。『人と動物の絆』、これも新しい生活により改めて感じた人も多かったのではないでしょうか。

来年はこのウイルスとのいち早い共存を確立し、小さな幸せ、新しい幸せを見付けて行きましょう。来年は皆さんにとって素晴らしい一年になりますに。一年間本当にありがとうございました。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

おおぞら パソコンホームページ福井県ペット葬儀社おおぞらのパソコンホームページ福井県ペット葬儀社おおぞらのパソコンホームページ

移動火葬車 訪問火葬車 トラック 移動火葬車・訪問火葬車について 移動火葬車 訪問火葬車 バン

ペットちゃん関連のお仕事バナー

金剛院、禅林寺ご住職の2021カレンダー配布開始

 

何度もご紹介しています『お言葉』で有名な禅林寺金剛院ご住職。

現在の北陸自動車道の北鯖江パーキングに掲示されています『お言葉』です。

クリック拡大

過去のお言葉はコチラ

 

そして毎年恒例の歴史ある『お言葉入りカレンダー』をお持ちして頂きました。

なんと、数量限定で無料で配布しています。

カレンダーだけでも有り難いのに、安穏招福の祈願札や災難除けのお札、カード型お守りも入っています。

 

もう一度お伝えします。数量限定です。毎年あっという間になくなってしまうのですが、どうしてもご希望の方はお電話で取り置きをお伝え下さい。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

おおぞら パソコンホームページ福井県ペット葬儀社おおぞらのパソコンホームページ福井県ペット葬儀社おおぞらのパソコンホームページ

移動火葬車 訪問火葬車 トラック 移動火葬車・訪問火葬車について 移動火葬車 訪問火葬車 バン

ペットちゃん関連のお仕事バナー

越前市 倉田家しん太ちゃんの49日 個別供養

 

皆さん毎年9月の動物愛護週間に『福井県の動物愛護フェスティバル』が行われているのはご存知ですか?このフェスティバルは動物の法律に基づき、全国の各都道府県で行われています。

おおぞらスタッフも毎年運営スタッフとして参加しています(過去の一例

 

その中で(公社)福井県獣医師会さんが毎年行っています『長寿動物(犬・猫)の表彰』という歴史あるコーナーがあります。

平成27年度 福井県動物愛護ふれあいフェスティバル79

過去の様子

 

しかし今年は皆さんご存知のように新型コロナウイルスの影響でフェスティバル自体の開催が中止となりました。国内情勢を考えますと仕方ないのが現状です。

 

しかし歴史ある『長寿動物(犬・猫)の表彰』だけは(公社)福井県獣医師会さんのご厚意により形を変えて開催されたのです。

動物愛護週間時に福井新聞掲載と、各動物病院での証書授与と記念撮影

クリック拡大

ワンちゃんの一番上に掲載されていますのが、越前市倉田家のしん太ちゃん(MIX犬)です。

 

クリック拡大

 

なんと21歳まで犬生を全うされたのですが、驚くべきはここからです。

スタッフも最初驚愕したのですが、下半身不随で車イスを8年間付けてここまで生きたのです。21歳という長生きだけでもすごいのに、肢が不自由でここまでとは・・・

 

どうやったらここまで長生き出来たのか、飼い主の倉田様にいろいろお話を聞かせて頂きました。

 

父親は柴犬、母親はMIX犬の6頭産まれた子の1頭としてこの世に生を授かりました。最初は玄関の外で暮らしていたのが、段々とお家の中で暮らすようになり、本当の家族の一員となりました。

 

しかし8年前に不慮の事故により、脊髄を傷め下半身が動かなくなってしまいました。突然のことで、飼い主さんもしん太ちゃん自身も大きく動揺し大変だったそうです。かかりつけの動物病院の先生からは、今後後肢が動かないことを告げられたそうです。

 

ここから倉田様の献身的な介護の日々が始まります。まず後肢には車イスを付け、朝晩1時間のお父さんのマッサージ、排泄も飼い主さんが補助をする等、しん太ちゃんの命と正面から向き合いました。その愛情にしん太ちゃんも応えてくれたのでしょう。

しかしそのしん太ちゃんも、高齢が故の認知症の問題が襲います。ここ数年は夜中鳴く、床ずれの問題などもあったそうです。ただ頑張っているしん太ちゃんに、21歳の誕生日(8月)の時、お祝いとして饅頭も作られました。心温まるお話です。

 

そのしん太ちゃんは大好きなご家族に見守られ、21歳という犬生に幕を閉じられました。

長生きの秘訣を聞いてみたところ、気温を常に一定に保っていたのが大きいかもと。5年前に家を建て直し、その時に床暖に変えたそうです。しかし我々は、倉田様の愛情が一番大きかったのではないかと考えています。

 

そしてそのしん太ちゃんを人間と同じように供養してあげたいと49日 個別供養をご依頼されました。

 

お持ちされたお供え物で祭壇はいっぱいになりました。

 

それではしん太ちゃんの49日個別供養の様子です。

 

導師は、禅林寺・金剛院ご住職です。

 

大好きなご家族がしん太ちゃんを思い、手を合わせられます。

 

 

ご家族様焼香

 

ご家族様の思いのこもった49日も無事終わりました。

この倉田様、しん太ちゃんの他にネザーランドドワーフとキンクマハムスターもいらっしゃいます。本当に動物好きなご家族様です。

 

今回の倉田様のような個別供養、年々頼まれる方が増えています。初七日、四十九日、百ヶ日、月命日、一周忌、三回忌、七回忌等に頼まれる方が多いです。随時受付けていますので、ご希望の方はお気軽にご相談下さい。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

おおぞら パソコンホームページ福井県ペット葬儀社おおぞらのパソコンホームページ福井県ペット葬儀社おおぞらのパソコンホームページ

移動火葬車 訪問火葬車 トラック 移動火葬車・訪問火葬車について 移動火葬車 訪問火葬車 バン

ペットちゃん関連のお仕事バナー

こんな時だからお言葉や大丈夫じぞう

 

「コロナ禍」と言われる新型コロナウイルスの影響は様々なところに影響を及ぼしていますね。また最近では、気象庁が「ラニーニャ現象」を発表し、大雪の可能性も出てきました。福井地方気象台も「暖冬でないことはほぼ確実」だそうです。

 

なかなか明るいニュースがないですが、こんな時だからこういう気持ちもいいですね。

クリック拡大

 

禅林寺、金剛院ご住職のお言葉、いつも癒やしであり、考えさせられる内容です。

 

過去のお言葉もご覧下さい(リンク先の2つ目のブログからご覧下さい) コチラ

 

 

以前ご紹介しました『大丈夫じぞう』、こちらも新聞やテレビ等の影響もあると思いますが、こんな時だからか皆さんの心の支えとなり、訪れられる方が多いそうです。

クリック拡大

 

こんな時だから皆さんも足を運ばれてみてはいかがでしょうか

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

おおぞら パソコンホームページ福井県ペット葬儀社おおぞらのパソコンホームページ福井県ペット葬儀社おおぞらのパソコンホームページ

移動火葬車 訪問火葬車 トラック 移動火葬車・訪問火葬車について 移動火葬車 訪問火葬車 バン

ペットちゃん関連のお仕事バナー

鯖江市 上野家チビクロちゃんの一周忌 個別供養

 

去年、人間と同じように供養してあげたいと49日 個別供養、そして今年月命日供養のご依頼されました、鯖江市 愛犬 チビクロちゃんの上野様、今回は一周忌個別供養をご依頼されました。

一年間、上野様のこまめなお参りの姿や深い愛情に、スタッフ一同チビクロちゃんへの変わらぬ思いを感じずにいられません。

 

今回もお持ちされたお供え物でいっぱいになりました。

 

性格的には優しく、お母さんべったりのチビクロちゃんと聞いています。

 

それではチビクロちゃんの一周忌個別供養の様子です。

導師は、高林寺ご住職です。

 

大好きなご家族がチビクロちゃんを思い手を合わせられます。

 

ご家族様焼香

 

ご家族様の思いのこもった一周忌も無事終わりました。

 

この日、静岡県浜松市の全国残骨寺院・信栄寺さんに最近お参りに行かれたお話も聞かせて頂きました。

お供え物がいっぱいです。

数あるお供え物の中に一つだけワンちゃんの人形が・・・なんと

チビクロちゃんと同じヨークシャテリアのお人形です。これも何かのご縁ですね

 

普段は残骨の一部が収められています越前市の越前動物霊園にも良く手を合わせに行かれます。変わらぬ思い、本当に頭が下がります。

 

 

通常時はおおぞら2階個別霊座に、こんなにも可愛く安置されています。

 

上野さんはチビクロちゃんだけでなく、その前にいたリキちゃんやマイちゃんも変わらぬ思いで以前、個別供養されています。上野さんの動物さんへの思いは昔から同じです。上野様、一周忌個別供養お疲れ様でした。

 

 今回の上野様のような個別供養、年々頼まれる方が増えています。初七日、四十九日、百ヶ日、月命日、一周忌、三回忌、七回忌等に頼まれる方が多いです。随時受付けていますので、ご希望の方はお気軽にご相談下さい。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

おおぞら パソコンホームページ福井県ペット葬儀社おおぞらのパソコンホームページ福井県ペット葬儀社おおぞらのパソコンホームページ

移動火葬車 訪問火葬車 トラック 移動火葬車・訪問火葬車について 移動火葬車 訪問火葬車 バン

ペットちゃん関連のお仕事バナー

第29回『みたままつり』ご報告

 

6000本のロウソクによる万灯ろうそく供養で有名な『みたままつり』、今年は新型コロナ感染拡大防止のため一部縮小して開催されました。

2018.715 みたたまつり報告4

おおぞらもお手伝いとして参加させて頂きました。

 

みたままつり始まる前の越前動物霊園

こちらは年々お参りも増え、お花もいつもいっぱいです。亡き動物さんもきっと喜ばれていると思います。

 

2017.7.23 動物慰霊祭大法要 おおぞら塔婆

みたままつりが本格的に始まる前、毎年恒例の国内最大級の動物慰霊祭大法要で供養して頂いたお塔婆のお焚き上げをして頂きました。

おおぞらでご依頼を受けたお骨袋やお位牌も責任をもってお焚き上げして頂きました。

 

例年は開催前にご住職が地域の子供さん達に法話をしますが今年は中止です。

 

献灯ろうそく供養を皆さんここで頼まれています。

 

例年は主催者や越前市市長のご挨拶により始まりますが、それも今年は省略し、金剛院ご住職挨拶で開催されました。

 

2019.7.15 みたままつり17

ご挨拶も終わり、いよいよ点灯です。

 

金剛院ご住職始め、他の僧侶によるご供養が始まりました。

 

盆灯篭お焚きあげが始まります。

皆さん右に3回周られます。

 

人形供養も受付けています。

 

追悼(レクイエム)の歌もありました。

 

 

越前動物霊園にも灯されます。

 

今回は見る者を圧倒する光景になる墓地側の万灯ろうそうは中止となっています(去年の様子

 

 

しかしご住職は境内をご供養に回ります。

 

もちろん越前動物霊園にもご供養に来られます。

 

ご供養のお経は夜遅くまで続きます。

 

県民福井新聞

クリック拡大

 

今年は新型コロナ感染拡大防止のため一部縮小して開催されましたが、6000本のロウソクによる『万灯ろうそく供養』で有名な『みたままつり』、毎年7月15日に行われています。来年は通常通り開催されることを願います。

 

去年の様子

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

おおぞら パソコンホームページ福井県ペット葬儀社おおぞらのパソコンホームページ福井県ペット葬儀社おおぞらのパソコンホームページ

移動火葬車 訪問火葬車 トラック 移動火葬車・訪問火葬車について 移動火葬車 訪問火葬車 バン

ペットちゃん関連のお仕事バナー